インプラント・入れ歯

もし歯を失ってしまったら ~捕綴治療~

事故などの外傷や虫歯・歯周病の悪化により歯を失ってしまった場合は、そのまま放置せず入れ歯ブリッジインプラントで歯の機能を回復する「補綴治療」を行いましょう。「1本くらいなくても大丈夫」と放置していると見た目の悪さだけではなく、周囲の歯が倒れて歯列を乱す原因にもなってしまいます。歯を失ってしまった場合は、お早めに宝塚市歯医者「たつみ歯科医院」までご相談ください。

当院で行っている補綴治療について

当院では失った歯を補うために、入れ歯・ブリッジ・インプラントという3種類の補綴治療をご用意しています。それぞれの治療にはメリット・デメリットがありますので、患者様の症状やご希望に合わせてご提案します。

  入れ歯 ブリッジ インプラント
  入れ歯 ブリッジ インプラント
メリット
  • 保険診療のものは安価
  • 治療期間が短い
  • 手術が不要
  • 治療期間が短い
  • 違和感が少ない
  • 自然な咬み心地
  • 見た目が自然
  • 咬み心地が良い
  • 周囲の歯に負担をかけない
デメリット
  • 違和感が出やすい
  • 顎の骨が痩せる
  • 保険診療の入れ歯の場合は審美性に欠ける
  • 金属バネを使った部分入れ歯は周囲の歯に負担がかかる
  • 両隣の歯を削る必要がある
  • 周囲の歯に負担がかかる
  • 顎の骨が痩せる
  • 治療期間が長い
  • 治療費が高額
  • 手術が必要

一人ひとりに合わせて製作いたします~入れ歯治療について~

歴史の長い入れ歯治療(義歯)において、革新的な技術が登場することは少なくなっています。だからこそ、歯科医師の技術の差がハッキリとわかれます。入れ歯は「違和感がある」「咬みにくい」というイメージをお持ちかもしれませんが、お口に合った入れ歯なら自然な咬み心地を実現することができます。

宝塚市の歯医者「たつみ歯科医院」では、大阪大学歯学部付属病院で入れ歯の難症例を数多く担当してきた院長が治療にあたります。皆様に合った入れ歯をご提案しますので、お気軽にご相談ください。

当院が取り扱っている入れ歯(義歯)

レジン床義歯(歯科用プラスチック)
レジン床義歯(歯科用プラスチック) 保険診療で製作できるレジン製の入れ歯です。
メリット
  • 保険適用なので安価に製作できる
  • 多くの症例に対応できる
  • 修理・調整が容易に行える
デメリット
  • 咬む力が弱い
  • 装着時に多少の違和感がある
  • 定期的な調整が必要
  • 壊れやすい
ノンクラスプデンチャー
ノンクラスプデンチャー 保険診療の部分入れ歯のような固定用の金属バネがない入れ歯。特殊な柔らい樹脂でできています。
メリット
  • 見た目が自然で気づかれにくい
  • 多くの症例に使用できる
  • 外れにくい
  • 金属アレルギーの心配がない
デメリット
  • 自費診療なので比較的高額
  • 修理が難しい
  • 定期的に調整が必要
金属床義歯
金属床義歯 歯茎にあたる床部分が金属製の入れ歯です。レジン床入れ歯よりも薄く作ることができ、金属なので食べものの温度も自然に感じられます。
メリット
  • 多くの症例に使用できる
  • さまざまな素材から選択できる
  • 装着時の違和感が少ない
  • 食べものの温度が感じやすい
  • 汚れが付着しにくい
  • 丈夫で破損しにくい
デメリット
  • 自費診療なので比較的高額
  • 修理が難しい場合もある
  • 定期的に調整が必要
インプラントオーバーデンチャー
インプラントオーバーデンチャー 顎の骨に埋め込んだインプラントで固定する入れ歯です。
メリット
  • 入れ歯をしっかりと固定できる
  • 咬む力が強い
  • 見た目が自然
デメリット
  • インプラントを埋め込むために手術が必要
  • 治療期間が長い
  • 顎の骨が足りない場合は、骨を増やしたり、移植したりする手術が必要
  • 自費診療なので比較的高額

保険診療と自費診療の入れ歯の違い

保険診療の入れ歯は安価に製作することができます。ただし、使用できる素材はレジン(歯科用プラスチック)に限定されます。また、部分入れ歯の場合は、金属バネで固定するタイプしか選ぶことができません。

一方、自費診療の入れ歯は、保険適用外なので費用が高くなりますが、使用できる素材に制限がなく、また形状についても自由に選べます。そのため、咬み心地・見た目などを追求した入れ歯を作ることが可能。当院では保険診療・自費診療問わず、患者様のご要望をうかがったうえで、最適な入れ歯をご提案します。

入れ歯治療の症例

ノンクラスプデンチャー

治療前

治療前

一般的な義歯

一般的な義歯

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー
金属床義歯
上顎

治療前

治療前

金属フレーム

金属フレーム

口腔内トライアル

口腔内トライアル

治療後

治療後
下顎

治療前

治療前

金属フレーム

金属フレーム

口腔内トライアル

口腔内トライアル

治療後

治療後

自然な咬み心地と美しい見た目~インプラント治療について~

インプラント治療は、歯を失った部分にインプラント(人工歯根)を埋め込み、その上にセラミックの人工歯を取り付けることで歯の機能を回復する方法です。顎の骨にインプラントを固定するので、しっかりと咬むことができ、顎の骨が減少しにくいといったメリットがあります。また、白く美しいセラミック製の人工歯を取り付けるので、ご自分の歯のような美しい口元を実現することができます。

当院のインプラント治療の特徴

当院のインプラント治療の特徴

インプラントを埋入するためには手術が必要で、より精密な治療が要求されます。そこで当院では安全性を高めるため、「iCAT(アイキャット)」というインプラント手術支援システムを導入しています。iCATを使うことで顎の骨の量や質、正確な埋入角度などを事前にシミュレーションでき、より確実な手術を実現できます。

さらに手術後にはインプラント安定性計測器「オステルISQ」を使い、インプラントの結合状態を確認するなど万全を喫しています。また、当院ではアメリカでシェアNo.1の「バイオメット3i(スリーアイ)」というインプラントシステムを採用しています。

インプラント治療の症例

治療前

治療前

治療後

治療後

ご自身の歯を利用した「歯牙移植」

入れ歯・ブリッジ・インプラントといった捕綴治療は、人工物をお口の中に入れるため、さまざまなトラブルが発生するリスクがあります。そこで当院では、ご自身の歯を使って機能を回復する「歯牙移植」という再生治療を行っています。

歯牙移植とは、親知らず(智歯)や埋没歯(骨の中に埋まったままの使われていない歯)などを抜歯し、歯を失った部分に移植する治療です。ご自身の歯を利用しますので、捕綴治療のような異物反応が起こることもなく、高い安定感が得られることが特徴です。また、ブリッジのように両隣の歯を削る必要もありません。

歯の移植後は4~5ヵ月ほどで安定し、違和感なく咬むことができるようになります。ただし、歯牙移植を行うには不必要な歯(親知らずや埋没歯)があること、移植する歯が歯周病にかかっていないこと、移植する歯のサイズなどの条件があります。また、治療内容によって一部保険となる場合もありますので、まずは一度ご相談いただければ幸いです。

このような方はご相談ください ~歯牙移植ができるケース~

以下のような方は入れ歯・ブリッジ・インプラントに加え、歯牙移植もご検討ください。歯の移植には条件がありますので、まずはご相談ください。

  • 歯が折れたり、重度の虫歯や歯周病であったり、奥歯を抜かなければいけない方
  • すでに奥歯を抜いていて、親知らずが残っている方
  • インプラントかブリッジで悩んでいる方
  • 永久歯が少なく隙間が多く空いている方
  • 乳歯の状態が悪く、多く残っている方
  • インプラントを1本入れようか悩んでいる方
  • 大きな虫歯が奥歯にあり、抜歯の必要がある方
  • 奥歯にヒビや割れがある方
  • 奥歯に痛みなどがある方

※適応可能かどうかは、診察によって判断させていただきます

日ごろからのケアを心がけましょう!予防歯科についてはこちら